遊びなんていらない!
カナダの語学留学で英語の勉強にとことん集中

カナダの語学留学がもっと身近に。

テイガク留学なら費用が
最大23%節約※!!

※ワールドアベニュー2019年算出

勉強集中派向け!
カナダ語学留学プラン

都会の喧騒から離れリラックスできる環境で英語の勉強に集中したいと考える方にはカナダの語学留学がおすすめです。英語の勉強に集中するために押さえておきたいポイントは日本人が少なく、生活や学習面において充実したサポート体制があること。勉強集中派のあなたにプロの留学カウンセラーがカナダ語学留学のおすすめプランをご紹介します。

プランのポイント

都市選び

英語での生活や勉強に不安はつきもの。だからこそ留学先として人気のバンクーバーやトロントを選ぶ人も多くいます。両都市は安心感が高い一方で、留学先として人気の都市だからこそ日本人も多く学校ではもちろん生活の場でも日本語を使ってしまいやすい環境とも言えます。英語の勉強に集中するうえで、生活環境は非常に重要です。日本人を含む留学生の多い人気都市はあえてさけ、勇気を出しビクトリアやケローナ、オタワやモントリオールなど少し知名度が低い都市を選ぶのがポイントです。

語学学校に通う期間

おすすめの語学留学期間は約1年間(48週間)です。予算や留学前の英語力にもよりますが、ネイティブスピーカーとできるかぎりストレスなく会話したい、旅行先でとっさのトラブルにも対応できる英語力がほしい、帰国後の就活で有利になる英語力を習得したいなど、納得のいく英語力を勝ち取るうえでおすすめの就学期間です。

語学学校のタイムテーブル

カナダの語学学校には1日2~3時間だけの就学時間であるパートタイム、1日4~5時間程度の就学時間であるフルタイム、1日5時間以上就学できるインテンシブ、それ以上と、大きく3~4つのタイムテーブルに分かれています。アルバイトが許されていないカナダの語学留学の場合、勉強以外の時間はだらだらと遊んで過ごしがち。人生のたった1年間、集中して英語を学びたいならフルタイム、インテンシブ以上のタイムテーブルがおすすめです。

オススメ留学プラン

ビザ 学生ビザ
滞在予定期間 1年間
都市 ビクトリアまたはモントリオール
タイムテーブル フルタイム
学校の期間 48週間

テイガク留学フレックス(48)プラン

¥1,335,000

  • 入学金
  • 海外送金手続き
  • 教材費
  • 海外送金手数料
  • 授業料金
  • 留学準備サポート費用

プランで選べるオススメ学校

フレックスプラン

アイエルエスシー ランゲージ スクールズ バンクーバー校

カナダ/バンクーバー
タイムテーブル:モーニング
ILSC バンクーバー校は130以上もの豊富な選択授業や細やかなレベル分けなどユニークなカリキュラムに定評のある人気校です。テイガク留学では週24レッスンのフルタイムコースをフレックスプランにて提供。費用を抑えたいけど勉強も頑張りたいと考えるワーホリの方や3カ月以上の語学留学の方に向いています。

学校の詳細を見る

フレックスプラン

シュプラッハカフェ ジオス ビクトリア校

カナダ/ビクトリア
タイムテーブル:モーニング
シュプラッハカフェジオスのビクトリア校はインテンシブコース(1日6レッスン)を人気のフレックスプランで提供。少人数制のクラスと会話中心のカリキュラムが魅力。ヨーロッパの雰囲気漂うおちついた街ビクトリアで、英語の勉強に集中したいという3ヵ月以上の語学留学やワーキングホリデー希望の方におすすめです。

学校の詳細を見る

どの学校を選んでも料金は同じです!

留学中のサンプルスケジュール

カナダの語学留学にご参加された方はどのように過ごされているのでしょうか?これまでのご渡航者の方から滞在中の過ごし方をヒアリングしたサンプルスケジュールをご紹介いたします。

01

到着
留学当初、勝手のわからない海外生活に不安を覚える時期ですが、壁にぶつかってこそ人は成長します。日本人が少なく英語をしゃべらざるを得ない環境のなか生活をスタートさせましょう。
02
語学学校
前半6ヵ月
渡航してすぐは日本人との関係に甘んじることなく自分に厳しく英語の基礎固めを行いましょう。語学学校ではカナダならではの文化や習慣に触れることのできるイベントや週末を利用した観光などさまざまなアクティビティが開催されていますので、英語力に自信がついてきたら積極的に参加し、さまざまな国の友だちを作っていきましょう。学校ではしっかり英語を学び、放課後や週末に学んだ英語を実際に使っていくことで、実践的な英語力を身につけていきましょう。
03
語学学校
後半6ヵ月
語学学校では基礎文法や英単語、発音、読み書きなどの技能を向上させる基本的なクラス以外に、特定のシチュエーションを想定した英語(例:ビジネス英語など)や、英語試験対策(例:TOEIC対策など)、他にも英語中上級者向けのさまざまな選択科目を用意しています。日常生活にストレスを感じない程度の英語力が身に付いてきたら、1段階上の英語クラスに挑戦してみることをお勧めします。より豊かな表現力を身に付け、普段の会話の幅も広がることでしょう。
04
ラウンド
旅行
語学学校終了後には自然豊かなカナダや隣国のアメリカ、普段はなかなか足を延ばすことのできない南米を旅行される方が多くいらっしゃいます。語学留学で身に付けた英語力と自信、そして出会った友だちと共に忘れられない旅行の思い出を作りましょう。
05
帰国
約1年間のカナダ留学もついに終わり。最後はTOEICやTOEFLを受験し留学の成果を試したり、就職活動の情報を集めたりと、帰国後の準備を整え帰国しましょう。

よくあるご質問

01.
語学研修期間は1年必要?

語学留学で納得のいく結果というとやはりTOEIC800、900点相当の英語力習得ではないでしょうか。
TOEICを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会曰く、「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」方のレベルは850点相当とのこと。
TOEIC50~100、つまり、英語を一つ上のレベルまで伸ばすには一般的に3ヵ月程度要するといわれています。TOEIC600前後で留学した方が納得のいく英語力、または帰国後に「英語力の結果」として評価を受けることのできるTOEIC800、900点相当を目指そうと思うと1年程度の留学期間がおすすめということになります。

02.
途中で都市を移動することはできるの?

通う語学学校がカナダ国内に複数キャンパスを構え、且つ、キャンパス間の移動を許可している場合、留学中に都市(キャンパス)を変えることも可能です。
例えば、ILSCはバンクーバー、トロント、モントリオールにキャンパスを構えています。最初は日本人の少ないモントリオールから留学生活をスタートし、英語力に自信がついてきたらより都会のトロントに移動するということもできます。

03.
語学留学でアメリカや南米に旅行できるの?

はい、語学留学でも週末や連休、年末年始の休暇を利用してカナダ国内はもちろん、隣国のアメリカ各都市や南米諸国に旅行することが可能です。 ただし、各国観光ビザが求められる場合があるため、ビザの必要有無などは事前に確認し、正式な手続きをとったうえで旅行するようにしましょう。
サムネイル画像

カナダの東側モントリオールやトロントからであれば1時間半から2時間程度のフライトでニューヨークに行くことができます。

サムネイル画像

日本から飛距離のあるコロンビアやチリ、ブラジルなどもカナダからなら比較的アクセスしやすくなります。ただし治安の悪い地域もあるため、事前にしっかりと現地情報を入手してから旅行するようにしましょう。

このプランに向いてる人・向いてない人

勉強集中派プラン 向いている人

  • ・将来にワーホリビザを残したい
  • ・留学を帰国後の就職活動につなげたい
  • ・できる限り英語力を伸ばしたい
  • ・海外進学なども視野に入れている

勉強集中派プラン 向いてない人

  • ・勉強ばかりは嫌
  • ・仕事にも挑戦してみたい
  • ・できるだけ安く留学したい
  • ・すでに一定の英語力あり

気軽に相談したいなら
LINEチャットで相談しよう!

LINE留学相談の特徴
  • オンラインカタログ
    の請求依頼OK
  • 費用や参加条件など
    簡単な質問OK
  • カウンセリング予約
    日時の調整OK
  • セミナー日時や会場
    の確認もOK
  • 遠方の方も近郊の方も
    気軽に利用可能
  • まだ留学を決断
    してない方でもOK

LINEは原則48時間以内に返答いたします。
LINE対応時間は平日8時~16時となります。