カナダ留学

STUDY ABROAD IN CANADA

               

大自然の恩恵と多文化を体感できる国
カナダで留学に挑戦しよう!

北米に位置し、アメリカとイギリスそしてフランスの文化も交じる多文化の国カナダ。
全体的に寒冷な気候であるためウインタースポーツを中心としたアクティビティも豊富。
留学生に人気が高く、語学学校のケアも細やかで過ごしやすいのが特徴。
地理的にアメリカにも近いため、カナダ留学中にアメリカに遊びに行くのも容易というメリットもある。

ピックアップインフォメーション

  • アメリカが近い
  • ワーホリは人数制限あり
  • 治安が良い
  • 学校のサポートが充実
  • 山好きにおすすめ
  • 英語以外も学べる

カナダを選ぶメリット


人気の高い有名校を厳選

世界中の留学生から支持を集めるカナダの人気14校を厳選。学校がサポートしてくれる体制がある語学学校も多く、初心者でも安心です。

バンクーバー以外の都市も選べる

バンクーバーだけでなく、
カナダの人気都市7都市から渡航先を選べます。

カナダのテイガクプラン

ベーシックプラン

カナダのベーシックプランでは、授業時間数が週14時間〜15時間のパートタイムレッスンを受講できます。1週間あたりのレッスン数が少ない代わりに料金がリーズナブルになるため、観光を優先したい短期留学や、ワーキングホリデーの方にオススメのプランです。但し、学生ビザの方は選択できません。

フレックスプラン

フレックスプランは、学生ビザも対象となる週20時間から25時間のフルタイムレッスンが対象となります。学校の選択肢も全プランの中で一番多く、カナダで人気の高い語学学校の多くが選択肢となります。

プレミアムプラン

さらにしっかり勉強したいという方のために、プレミアムプランは、フレックスプランよりもより長い授業時間が受講できるコースを対象としています。英語力を真剣に伸ばしたい方や短期集中で英語を学びたい語学留学の方にオススメのプランです。

テイガク留学プランの説明を見る

これで
分かる
カナダの留学制度とは?

短期留学

カナダでは観光ビザは最大24週間まで滞在が可能で、語学学校にも同様に約半年間、通うことができます。学校に通いながらホームステイを経験したり、放課後や週末に観光や旅行を楽しむことができます。
短期留学では、観光ビザ(eTA)を取得します。料金は$7で、5年間有効です。そして入国してから最大6ヶ月間の滞在が可能です。パスポートが切り替わると残存有効期限があっても失効してしまうため、期間を勘違いしないように注意しましょう。[2019/9/26更新]

ワーキングホリデー

最大1年間のなかで就学と就労が可能な制度です。語学学校には半年間通えるため、語学学校を中心に予定を立てる前半6ヶ月とアルバイトを中心に予定を立てる後半6ヶ月に分けて考える人が大多数。バンクーバーやトロントなど留学生に人気の高いエリアではカフェやレストランなどのアルバイトが多く、スキーリゾートエリアに移動するとホテルでの住み込みアルバイトなどの人気が高くなります。
カナダのワーホリビザは人数制限があり、年によって埋まるスピードは異なりますが、原則年末までに締め切られてしまう傾向があります。そのため、渡航を決定するタイミングは他の国と比べても早めに設定をした方が良く、人数制限ギリギリとなってしまうとビザが取得できないリスクも出てしまいます。アルバイトを前提としたカナダ留学ならワーキングホリデーが理想であるため人気が高いビザです。また、他の国のワーキングホリデーや語学留学経験者が二回目に渡航するプランとしても利用されています。申請費用はバイオメトリクス登録費用も含めて$338ドルです。[2019/9/26更新]

語学留学

語学留学でも半年以下であれば、観光ビザでの渡航がビザ取得難易度も低く理想です。半年を超える長期語学留学であれば、学生ビザを取得する必要があります。学校に行く期間に合わせて滞在が設定され、コースの長さに合わせて数週間から3ヶ月程度の滞在がプラスされます。学校の終了時期に合わせて、カナダの他都市やアメリカ、中南米へ旅行を企画するのも良いでしょう。
学生ビザ(Student visa)の申請は約3ヶ月程度かかると見越して準備をすすめるのが良いでしょう。申請費用はバイオメトリクス(指紋認証及び顔写真撮影)登録料金と合わせて$235です。申請時に残高証明書(学校の学費プラス滞在月数×1000ドル程度)の必要がありますので、余裕をもった留学資金計画をたてましょう。[2019/9/26更新]

留学生に人気の都市

花の都とも呼ばれるビクトリアはイギリス領時代の面影が多く残る美しい街並みが特徴。観光産業が盛ん。真冬でも雪が降ることは少なく夏はカラッとしており涼しく過ごしやすい気候。直行便はなくバンクーバーまたはアメリカ経由。アルバイト先は少ないため語学留学向き。
カナダ最大の都市。語学学校の選択肢も多く、求人も豊富。語学留学でもワーキングホリデーでも楽しめる都市。飛距離が長いため経由便を選ぶ方も多いが直行便もあり。夏は暑く冬は寒い。ニューヨークなどアメリカの人気観光都市へのアクセスもよい。
フランス語を公用語とするケベック州の入り口。ヨーロッパの街並みを色濃く映す美しい街並みが人気。冬は寒く-10℃を下回ることも多い。国内第二の都市のためフランス語力のある方であれば仕事も豊富。フライト時間は長いが直行便もあり。
カナダ人が老後に住みたい都市として人気のリゾート地。のんびりとした田舎な都市のため学校数やバイト数は多くない。その代わり他都市と比較し留学生や移民が少なく英語環境を作りやすい。直行便はなくバンクーバー経由。
物価が低く留学費用を抑えたい方におすすめの都市。冬は寒く最低気温は-10℃を下回ることもある。直行便はなくバンクーバーまたはアメリカ経由。不便さはあるものの代わりに留学生が少なく英語環境にどっぷりとつかった経験ができる可能性高い。
カナダ国内では比較的温暖で過ごしやすい気候が特徴。寒すぎるのは苦手という方におすすめ。太平洋側に面し、アジアからの玄関口と言われ日本人も多い。国内で3番目に大きな都市のためバイト先も豊富。語学留学、ワーホリ共に人気。日本からの直行便もあり。
カナダの首都。国会議事堂を中心に碁盤の目に配置された整備の行き届いた美しい街が特徴。英語とフランス語のバイリンガルが多く暮らす街の一つで、カナダ特有の文化を体験できる。冬は寒く-10℃以下になることも多い反面夏はカラッと涼しく過ごしやすい。

おすすめの語学学校

シュプラッハカフェ ジオス モントリオール校

カナダ /モントリオール
Sprachcafe GEOS(シュプラッハカフェジオス)モントリオール校は英語だけでなくフランス語にも触れたい方におすすめです。語学学校にはカナダ人やアメリカ人も通っていることから、ネイティブとも交流できる機会があります。毎月マンツーマンのカウンセリングを行っていることから短期間で効率よく英語力を伸ばしたい方におすすめです。

学校の詳細を見る

シュプラッハカフェ ジオス バンクーバー校

カナダ /バンクーバー
Sprachcafe GEOS(シュプラッハカフェジオス)バンクーバー校はダウンタウンのガスタウンと呼ばれるエリアにあり、放課後はカフェやレストランはもちろん、ショッピングなども楽しむことができます。少人数制のクラスやスピーキング力向上を意識したカリキュラム、毎月マンツーマンのカウンセリングなどから効率よく英語力を伸ばすことができます。

学校の詳細を見る

クエスト ランゲージ スタディーズ

カナダ /トロント
Quest Language Studies(クエストランゲージスタディース)は20年以上の歴史を持つ語学学校です。11段階の細かいレベル分けや少人数制のクラスが特徴で、顧客満足度優秀賞を10年連続で受賞するという実績があります。授業では会話を中心とした勉強方法が用いられているためスピーキングに苦手意識のある方にお勧めです。

学校の詳細を見る